ルール改定Ver.9.0

ドーモ!ミナ=サン(ー人ー)

オハヨウゴゼェマス!コンニチハ!コンバンワン!

かにですv(><)v

神煌臨編 第1章発売の

4/21より適応される

ルール改定Ver.9.0
です

つづく

創界神ネクサスについて
創界神ネクサスとは、系統:「創界神」と神(ゴッド)シンボルを持つ特殊なネクサスです。創界神ネクサスと置かれるコアは、その創界神ネクサス自身と、創界神ネクサスを対象にした効果以外は受けず、その上に置かれたコアで効果を発揮できます。
神シンボルは、軽減シンボル:神(ゴッド)を軽減でき、【連鎖:条件《神シンボル》】を発揮できるシンボルです。究極(アルティメット)シンボルと同様、色を持ちません。
詳細に関しては、ルールマニュアルや今後のQ&Aを確認してください。


創界神ネクサスについての概要ですね
詳細は「創界神ネクサス」のQ&Aで既に公布されています
他と違いこの創界神ネクサスについては4/7発売の構築済みデッキから
適応されますが、当然、詳細部ではまだ判定に迷うものも有りそうです

同名カード識別番号について
コラボブースターなどで、呼び名が1つしか存在しないキャラクターのカードを複数種類3枚ずつ同じデッキに入れられるように、新たに同名カード識別番号を追加します。これは同名カードの2種類目以降に、カード名に続けて、[2]、[3]と付与されます。
ゲーム外では識別番号を含めカード名として扱い、デッキには識別番号の違いでそれぞれ3枚ずつ入れられます。
禁止・制限カードに指定される場合も、識別番号が違えば、禁止・制限カードには含まれません。
ですが、ゲーム中は識別番号を除いたものをカード名として扱います。
たとえば、今後、「アグモン [2]」といったカード名のカードが登場したら、識別番号の違いにより、「アグモン」と「アグモン [2]」は同じデッキに3枚ずつ入れられます。そして、ゲーム中に、「カード名:「アグモン」すべてを回復する」といった効果があった場合、どちらのカードも回復することができます。
ただし、ブロックアイコン<4>以前の、「ゴジラ[1954]」や、「ゴジラ[1965]」などの数字は同名カード識別番号ではなく、ゲーム中に同じカード名としては扱いません。


名称表記追加への改定です
同名だが識別番号次第では同デッキに3枚ずつ入れれるようになります
ただ、識別番号の添付はメーカー次第の為、どれが適応されるかはメーカーに選択権があります
主に同姓同名異人カードによる混乱防止の為ですね

アルティメットについて
今まで、アルティメットは、アルティメットと書かれていない効果は受けないというルールがありましたが、それが個々のカードに明記されておらず、フィールドに対する効果の処理や直接合体したブレイヴの処理などわかりにくかったため、このルールをなくします。
今後は、【重装甲】などその効果を受けない効果がなければ、フィールドのコアやカードを対象にする効果で、アルティメットも対象に含まれるようになります。
また、アルティメットと合体しているブレイヴも、その合体アルティメットがその効果を受けない効果を持たなければ、「『このブレイヴの召喚時』効果は発揮しない」効果や、「相手のブレイヴ1つを破壊する」効果の対象になります。
ただし、【強化】はすでにテキスト自体を変更しているため、今後もアルティメットの効果は対象にはできません。
この裁定変更は、2018年4月21日(土)より適用します。


アルティメットの対効果特性が一部壊れた感じです
今まで、「フィールド対象効果」から外れていた「アルティメット」が「フィールド対象効果」を受けるように
なります
とはいえ、アルティメットの採用状況を考えるとあまり効果が薄い気がします(--;)

「このターンの間」効果について
「このターンの間」と書かれた効果は、一度、その効果を発揮すれば、その発揮元のLvが不足したり、別の場所に移ったりしても効果を発揮したままでしたが、今まで【合体時】や【煌臨中】に発揮する効果や、ネクサスの効果は、例外として、発揮しているスピリットやネクサスが破壊されたり、Lvや条件を満たさなくなれば、「このターンの間」と書かれている効果であっても、無効になっていました。
今回、その例外をなくし、「このターンの間」や「このバトルの間」など、効果の持続するタイミングが書かれている効果は、【煌臨中】やネクサスの効果であっても、一度、発揮した効果は、発揮し続けるとします。
なお、効果の持続するタイミングが書かれていない効果は、今まで通り、発揮した後でも、発揮元がフィールドからいなくなったり、Lvや条件などを満たさなくなれば無効になります。
この裁定変更は、2018年4月21日(土)より適用します。


「このターンの間」効果の設定変更ですね
例外を無くし、Lv低下や破壊/消滅されても指定された期間内ならば
継続されるようになるようです

「BPを比べ」と書かれた破壊に関する効果に関して
通常、破壊に関する効果が同時に複数発揮した場合、ターンプレイヤーが解決順を決め、解決中に破壊したスピリットがフィールドに残ったり、手札に戻るなどした時点で、破壊に関する解決待ちの効果は発揮できなくなりますが、「BPを比べ相手のスピリットだけを破壊したとき」など書かれた効果は、例外として、破壊したスピリットがいなくなっても、その効果が発揮できる状態であれば、効果は解決できるとしていました。
この例外の裁定をなくし、「BPを比べ相手のスピリットだけを破壊したとき」など書かれた効果も、通常の裁定に合わせます。
この裁定変更は、2018年4月21日(土)より適用します。


「破壊」に関する裁定の変更
「BPを比べ相手のスピリットだけを破壊したとき」効果に対する「効果による回避」ができなくなり
「BPを比べ相手のスピリットだけを破壊したとき」効果が使いやすくなった感じ
逆に考えると「BPを比べ相手のスピリットだけを破壊したとき」効果持ちが今後増える布石なのかも?

カードテキストの変更
既存の効果の表記を一部、変更します。今後、再録されるカードもこのルールに則り修正され、裁定はそのカードの最新の記述に合わせます。
・【合体時】、《封印時》を、【煌臨中】にあわせて、【合体時】を【合体中】に、《封印時》を《封印中》に変更します。これによる裁定の変更はありません。【合体時】効果を対象にしていた効果は、【合体中】効果を対象にもできます。
・「このスピリットの色を無いものとして扱う」を、「このスピリットの色とシンボルは無色として扱う」に変更します。これによる裁定の変更はありません。つまり、ブロックアイコン<4>以前のカードに関しては、シンボルの表記がなくても、今まで通り、シンボルの色も無くなっており、コストを軽減したりはできないとします。
・「相手はバーストを発動できない」を、「相手のバーストは発動できない」に変更します。この効果が、プレイヤーではなくセットしてあるバーストが対象であることをわかりやすくするためです。これによる裁定の変更はありません。
・「効果を失う」を、「効果は発揮しない」に変更します。この2つの効果は色の特徴を出すために表記は違いましたが、現在では同じ裁定をしています。ですが、言葉の違いから、失うほうが効果的には強い印象を与えているため統一します。これによる裁定の変更はありません。


基本的なエラッタのような名称変更についての通知
今後のブースターは名称変更されて発売されるということ
効果的には同じながら
日本語的な解りやすさに変更する物だとおもいます

総評

いきなりきた設定変更

・アルティメットについて
・「このターンの間」効果について
・「BPを比べ」と書かれた破壊に関する効果に関して


の3つは今後しばらくは物議を必要としそうです(--;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです♪
アルティメットの効果耐性変更はつまり、カードテキストに[アルティメットを対象にする]って書かれてなくてもアルティメットに効果を及ぼせるってことでしょうか?
せっかくアルティメットはスピリットより上の存在だよってなっていたのに・・残念です。

お久しぶりです♪
アルティメットの効果耐性変更はつまり、カードテキストに[アルティメットを対象にする]って書かれてなくてもアルティメットに効果を及ぼせるってことでしょうか?
せっかくアルティメットはスピリットより上の存在だよってなっていたのに・・残念です。

BP破壊の裁定は他の破壊時の裁定と合わせるだけで、別に「BPを比べ相手のスピリットだけを破壊したとき」の効果が使いやすくなったわけではないと思いますよ

同名スピリット北斗七星龍ジークアポロドラゴンや無限の神皇ゼムリアスなども赤、青、緑、紫、白、黄、を1,2,3,4,5,6として扱うことができるようになったのかな?
プロフィール

かにv(^^)v

Author:かにv(^^)v
九州の片隅でバトスピをやってる1カードバトラーです
覇王編から始めました。
メイン色は白 好きな系統は機獣・武装
良く引き当てる色は青orz
SBへは小学4年生の甥っ子(昆虫好き)と共に参加しています
ガンダムと仮面ライダーをこよなく愛する。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク